スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
コメントの投稿
トラックバック (-)

個人的メモ・タイム@10/11.12東京

ダ1300
日6R 1.18.0M 逃、差、差 59.2 3五

ダ1400
土7R 1.24.8M 先、差、追 ...59.9 3五(若手限定)
土9R 1.24.5M 先、逃、先 1.00.6 2五
土11R1.22.7M 先、先、追 ...58.3 3OP
日1R 1.27.1M 逃、差、追 1.02.5 2未
日12R1.23.7H 追、先、差 ...59.1 3千

ダ1600
土4R 1.39.7H 先、先、差 1.01.5 2新
土6R 1.36.5H 先、先、追 ...59.3 3五牝
日8R 1.37.1M 先、先、先 1.00.1 3五

ダ2100
土12R2.10.4M 先、先、先 1.00.9 3千
日7R 2.13.2S 先、追、先 1.03.6 3五

まず、見て分かるように土曜と日曜ではかなり時計に差がある。
1秒ぐらい?でも1秒だと土曜のOPと日曜の12Rで比べた場合、
差を付けすぎな気がするし・・・ 今後比較する時に、土曜は時計が日曜より早めだったと覚えておけばいいか。
ダ1300
1鞍だけど、勝ったアポロダヴィンチは休ませて、ようやっと復調。
元々500万下では力は上。状態面が悪くならなければ1000万でも勝ち負け。

ダ1400
土7Rの2着ヤマニントップギア。3着以下は5馬身差。この決め手は東京向き。
土9Rは上位3頭。4着以下は千切った。中でも勝ったデイトユアドリームの決め手はかなり。
2着と3着が前残りで決してバテたわけでも無いので、これは高評価。
土11Rは圧倒的1番人気のユビキタス。超大型馬の休み明けで古馬初対戦。
さすがに人気にし過ぎ。でも1回使って次回はもっとやれるはず。
日1R、これは時計遅い。
日12R、これは時計はまずまずも、非常に見直しておいた方が良いレースだと思う。
1着ビッグポパイは直一気。これはHペースで展開はまった。
2着のオリジナルフェイト。このHペースを出遅れて3番手追走。
それをここまで粘るのだからやはり能力はある。
しかも今回は去勢休み明けで早い追い切り不足での出走。去勢は残念だが、今後も楽しみな1頭。
芝でもダートでも次走は勝ち負け。
3着のハードランナーもこのクラスでは上位の馬。脚質的自在だし展開向けば勝てるだけの力はある。
4着グランプリヒーロー、函館のレースから考えても勝負になるとは思っていたが、
今回のような1400でHペースでもハナに行けないと行きたがるのは仕方無いか。
それでも、行きたがるのを押さえて押さえて先行して4着。これからが楽しみな1頭。
8着スズノネイビー、1200よりは1400、1600とかの方がレースはしやすいとは思うが、
今回はペースが速すぎた。今回だけでの見限りは早計。

ダ1600
土4Rはちょっと遅い気がするけど2新って言うのがな・・・
でも、Hペースを先行して千切った勝馬だけは別と見るべきか。
土6Rは3五牝にしては時計早いと思う。
勝ったウェディングフジコはこのHペースを先行して千切ったから高評価。
日8Rは3五してはそこそこ。勝ったトーセンは元々このクラスでは格上の存在。
3着以下を千切った2着ローンウルフは評価して良いと思う。

ダ2100
土12Rは特記する事は無いけど、2着馬はベストの舞台。
この舞台なら次走でも大きく崩れる事は無いと思う。
日7RはSだったが、2着馬が直線で1頭1頭と捌きつつ追い上げてきたのが印象的。
差し追い込み勢で上位に来たのはこの1頭だったが・・・

芝からだと
毎日王冠。まさかのウオッカの逃げ。
しかもラップを見るとビックリ。
12.7 - 11.5 - 11.6 - 11.9 - 11.6 - 11.5 - 10.5 - 11.3 - 12.0
6ハロン目の11.5と7ハロン目の10.5。この2ハロンが逃げ切れなかった要因かな。
この11.5がもう少し息抜ければ良かったのと、10.5。
この10.5はさすがに早い。ギア上がるの早すぎるよ・・・
この上がりで差しきったスーパーホーネット評価してあげるべきなのかも知れないけど、
良い目標が居たからな・・・

他だと日10Rのジャガーメイル。Sペースで58キロ背負って33.2の脚で差しきったのは見事。
血統的に東京は得意で当たり前か。
後、土8R。このレースはかなり時計が早い。500万の時計ではない。
上位馬だけじゃなく、下位に入線した馬の中でも見直し必要な馬が居るので、
このレースに出走していた馬は見直しておいた方が良いと思う。

京都大賞典からは、やはりアドマイヤジュピタ。
明らかな体調不良。1回使った程度でどこまで良化するか・・・
勝馬は上手く内を突いたのが良かった。このメンバーでも決め手なら劣らないと思っていただけに上手く行った。
2着馬はこの条件のG2勝馬。このぐらいは走って当然。
3着馬は京都は得意だし、切れ負けはしたがまだやれるところを見せた。
4着馬は何回も何回も使って使ってようやっと復調してきた。
5着馬はスムーズさに欠けたのが大きいとは思うが、大型馬の休み明け。
鉄砲に実績が無いわけでは無いが、
自分はプール主体では絶対仕上がらないと思ってるので、もっと評価を落とせば良かったと後悔。
コメント (0)
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(モンブラン…?)
次のページ(戦利品・・・?)
プロフィール

まさの

最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。