スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
コメントの投稿
トラックバック (-)

実は・・・

あまり興味が無い。

ダイワスカーレット引退

いっつもいっつも走る走る詐欺で、なんだかんだ理由を付けて回避。
強い事は強いんだけど、どうしても好きになれないタイプの馬だった。
いっつもペースのおかげで勝ち負けしてた・・・そんなイメージが強かった。
でも、天皇賞・秋で強さ自体は再認識させられたし、
有馬も先行馬が崩れてる事を考えたら、この馬はやっぱり強かったんだろう。

でも、いくらパーフェクト連対とは言え、使ってるレース数が少なすぎる。
ウオッカなんて、海外に行った事もあるのに、もう17戦。
ダイワは国内のみで12戦。
こういうのもあるから好きになれなかった。
でも、自分はウオッカ好きって言う訳でも無いので。
どっちかと言われればウオッカ。その程度。

で、もう種付けする種牡馬が発表された。
チチカステナンゴ
いくら新種牡馬とは言え・・・これまた、凄い所をw
フランス血統。一種の賭けじゃね?
って言う風にも思えたけど、祖父はファビラスラフィンの母父だし、
母系を見るとノーザンダンサーが入ってるし、日本の馬場に適正が無いとも言い切れないな。
ひょっとしたら、マイル~中距離で結構強い先行馬が生まれたりしてなw
そんな期待は持てる。

って言うか、母系がノーザンテーストで父がサンデー系
こう言った思い切った種付けもありなのかもな。
ここ10~20年はテースト→サンデーの流れで
国内の生産が困るって言う事は分かり切ってたはずだし。
コメント (0)
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(R-1終了・・・)
次のページ(出遅れ 捲りきった後)
プロフィール

まさの

最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。